医院ブログ 月別: 2017年7月

診療時間
10:00~19:00(土日は15:00まで)
休診日
火・祝
キービジュアル

送別会+歓迎会

2017年07月26日

オープニングスタッフとしてスタッフの中心となり、クリニックを支えてくれた中村さんが都合により退職することになりました。

毎日一緒にお昼を食べながらいろんな話をしたり、泣いたり笑ったりしながら一緒に頑張ってきた仲間がいなくなるのはやっぱり寂しいです・・今まで働いてくれて本当にありがとう!

そして新しく仲間に加わった小椋さんにバトンタッチです。未経験ながらも仕事にまじめで一生懸命です。中村さんに追いつけ追い越せで頑張ってください!

そんなわけで最後はみんなで送別会+歓迎会をしました。

逆に中村さんからスタッフ一人一人に手紙とプレゼントのサプライズがありました。

僕には立派なボールペンをプレゼントしてくれました。開業のお祝いで多くの方からいただいた素敵なペンを、日替わりで胸ポケットにさしています。新たに1本加え、これからも大事に使わせてもらいます。

出会いと別れを繰り返し、働いてくれるスタッフに感謝しながら、これからも良いクリニックを作っていきたいと思います。

 

MI(ミニマルインターベーション)とは?

2017年07月16日

MIとは「最小限の侵襲で最大限の効果を発揮できる処置を選択することが、患者さんのためになる」という昨今の考え方です。

20〜30年前は虫歯があると、大きく健全な歯質も含めて削って型を取り金属の詰め物をセメントでくっつけるやり方が一般的でした。

当時からコンポジットレジン《歯科用合成樹脂(いわゆる白い詰め物)》はありましたが、物性は今とは比べものにならないほど低くあまり活用されていませんでした。ですので、当時は金属の詰め物をするのが一般的な治療だったんですね。

しかし、時代と共に研究に研究を重ねコンポジットレジンは目覚しい進化を遂げました。

接着力や耐摩耗性が大きく向上し、今では幅広い症例に対応可能となり、虫歯治療は大きく変わりました。

この材料の発展が今日のMIの概念を可能にしたのです。

現在の虫歯治療は神経まで進行していない場合、多くのケースで、感染歯質のみを最小限で除去し、コンポジットレジンという白い詰め物で審美的に、1日で治療を完了させることが可能です。

コンポジットレジンはエナメル質よりも硬度は低いので徐々にすり減ったり欠けたりする事はありますが、簡単にリペア出来るという点においても大変有益です。

当院はMI(ミニマルインターベーション)を実践し、可能な限り金属ではなくコンポジットレジンで対応します。

   

 

ケンちゃん、お中元をいただきました。

2017年07月13日

患者さんから、スタッフとなんとケンちゃんにまでお中元をいただきました。

お気遣いいただきありがとうございます。

さすがにこの暑さではケンちゃんを連れてくることができず、涼しいお家で退屈な日々を送っております。

いただいたガムを喜んで噛んでおります。

涼しくなったらまた連れてきますので可愛がってあげてください。

個別相談

このページの先頭に戻る